プロペシア ボストン

プロペシアとボストン、徹底比較!

AGAの治療薬として有名なプロペシア。
サプリメントとしてAGAに効果的なボストンサプリ。

 

その違いを表にしてみました。

 

まずは、AGA、男性型脱毛症の主な原因である
男性ホルモンによる脱毛作用、これをを抑える力を比較しました。

 

男性ホルモンによる脱毛作用を抑える力というのは、
具体的には5αリアクターゼ酵素の還元作用をいかに抑える力があるかということです。

 

AGA、男性型脱毛症というのは男性ホルモンの主成分であるテストステロンが
5αリアクターゼ酵素の還元作用によってテストステロン⇒ジヒドロテストステロン
へと変化し、ジヒドロテストステロンが脱毛作用を働くことで進行していきますからね。

 

言い換えれば、

 

5αリアクターゼ酵素の還元作用をいかに抑えることができるか、ということになります。

 

比較項目

プロペシア

ボストンサプリ

5αリアクターゼの抗・還元作用

項目3

 

上記の表を見てもらうと分かるとおり、5αリアクターゼ酵素の還元作用を抑える力は
ボストンサプリよりプロペシアのほうが上になります。

 

プロペシアは医薬品であるのに対して、ボストンはサプリメントです。
プロペシアは化学成分であるフィナステリドによって効果を得ることができますが、
ボストンは植物性天然由来のノコギリヤシ成分で効果を発揮します。

 

薬とサプリメント、化学成分と天然由来成分ということで男性ホルモンによる脱毛作用を抑える力は
どうしてもプロペシアのほうが上になります。

 

次に、

 

頭皮の血流を促進する作用、血行を促進する作用の違いを表にしてみました。

 

比較項目

プロペシア

ボストンサプリ

頭皮の血流促進、血行促進効果

項目3

 

表を見てのとおり、残念ながらプロペシアには頭皮の血流を促進し、頭皮の血行を促進する作用はありません。
一方のボストンサプリは、コラーゲンペプチド、さらにアミノ酸を始めとする20種類もの厳選素材を配合し、
頭皮の血流、血行促進に大きな効果を発揮します。

 

次に毛根の細胞を活性化する力について比較してみました。

 

比較項目

プロペシア

ボストンサプリ

毛根細胞の活性化力

項目3

 

プロペシアには残念ながら毛根の細胞を活性化する力はありません。
男性ホルモンの脱毛作用を抑えることで結果的に毛根細胞が元気になるという、
間接的な効果は期待できるかもしれませんが、直接的に毛母細胞をはじめとする
毛根の細胞を活性化する効果はありません。

 

一方のボストンサプリには、亜鉛、イソフラボン、さらには20種類もの厳選素材が配合され、
直接弱った毛根の細胞を活性化する力が備わっています。

 

最後にプロペシアとボストン、それぞれを長期に渡って服用した際の
副作用のリスクについて比較してみました。

 

比較項目

プロペシア

ボストンサプリ

副作用のリスク

リスク: 

リスク: なし

 

化学成分であるフィナステリドを配合したプロペシアには大きな副作用が潜んでいます。
(副作用の詳細についてはこちらで詳しく解説しています。)

 

一方のボストンサプリは化学合成された成分は配合されておらず、天然由来成分が配合されているため、
プロペシアのような危険な副作用はありません。

 

プロペシアを使用すべきか、ボストンサプリを使用すべきかで悩んでいる人も多いと思いますが、
男性ホルモンの脱毛作用に対抗する力だけで考えるとプロペシアです。

 

男性ホルモンの脱毛作用を抑える力はやや劣るものの、頭皮の血流、血行促進作用や
毛根の細胞を活性化する力など総合力で見ればボストンです。

 

そして、忘れてはいけないのがプロペシアには危険な副作用がつきものだということ。
長期に渡って服用すれば健康を害し、体の保証はありません

 

得られる効果とリスクなどを考慮し、プロペシアかボストンかを選ぶのが得策ですよ。

 

 

サプリメント「BOSTON ボストン」

プロペシアとボストンサプリ、飲むならどっちだ!徹底比較!